自分は人事に向いている?人事になる前に知っておきたい人事に向いている人の特徴5選

自分は人事に向いている?人事になる前に知っておきたい人事に向いている人の特徴5選 人事を知る

人事といえば、「(採用担当として)企業の顔」「社内のエリート」というイメージを持つ方が多いのではないかと思います。そのイメージにより、「今は違う部署でもいつかは人事の仕事をしてみたい!」と思う人も、どこの企業に一定数いると思います。しかし人事には多くの人がイメージしているよりもはるかに多くの業務を担っており、世の中に様々な職種がある中で”最もイメージと実態が異なる職種”といっても過言ではないかもしれません。そのため、人事になってから「イメージと違った」と後悔する人もいます。では人事の仕事はどんな人に向いているのでしょうか?今回は人事に向いている人の特徴をご紹介します。

私情を挟まず適切な判断ができる人

人事という職柄上、様々な社員とかかわることが多いです。その中で、自分と合う社員、合わない社員、それぞれいると思います。もちろん社員によってコミュニケーションの量が異なってしまうのは仕方ないですし、問題ないですが、人事として何か対応すべきことがあった場合、社員によって与えるサービスの量や質を変えてはいけません。例えば、福利厚生に関する問い合わせがあった場合、あまり親しくない社員に対しては不十分な案内をして、逆に親しい社員には会社として伝えなくてもいいような情報まで案内するといったこと。また、親しい社員から何か相談を受けて、人事としてチームにエスカレーションをしなければならない時、その社員の不利になってしまう情報は隠して正確な情報を共有しないこと。会社には何においてもルールがつきもので、そのルールのもと、どの社員へも公正な立場で人事サービスを提供することが大切です。私情から「この人にとっていい方向になるように」と配慮してしまいがちではありますが、ある特定の社員だけ特別扱いすることは会社のルール上できません私情とは分けて物事を判断しないといけないことを割り切ることができる人どの社員に対しても公平な立場でサービスを提供できる人会社としてどう対応するべきか俯瞰して物事を見ることができる人が、人事に向いています。

口が堅い人・適切な情報管理ができる人

人事の業務では、社員の給与や人事評価、住所や家族構成などの個人情報など、機密情報を多く扱います。時には社員から「○○の病気で休職しなければならなくなった」「離婚した」「Cさんからパワハラを受けている」などといったセンシティブな情報を入手することも少なくありません。人間の心理としてそれらを「~らしい」と他人に話してしまいたくなる人も多いですが、人事はそれらの情報を決して口外してはいけません。たとえそれらの情報が噂として広まってしまい、仲がいい社員から聞かれたとしても何も答えてはいけません。そのため、うっかりポロっと口外してしまうことのないように注意することが必要です。また、業務中にそれら人事情報を取り扱うとき、どの範囲(誰)まで情報を共有していいものか、どのように管理すればいいか、適切な判断と情報管理能力が求められます。どの情報がどこに保管されているか、必要に応じて閲覧を制限する処理を行うなど、機密情報を取り扱っているという自覚と責任を持ち、適切な対応ができる人が人事に向いています。

ヒトをサポートすることが好きな人

人事の仕事は、数字で評価される営業職や、何かを生み出すことで評価される企画職とは異なり、評価の基準がわかりにくいのが特徴です。そのためモチベーションを維持することが難しいともいわれています。そんな中でどこにやりがいを見出すか。それは、「ヒト」の面で社内をサポートすることで会社に貢献することです。採用や人材育成にしても、労務管理や制度企画にしても、数字で結果を見ることはなかなか難しいですが、活躍できる人材を部門に送り込んだり、無事に賞与を支給したり、法に基づいたあるいはそれ以上の制度を構築したりすることで、社員の会社への安心感が高まり、日々の仕事へのモチベーションに繋がります。逆に人事がしっかりと社員をサポートしなければ、社員は不安・不満を抱き、仕事へのパフォーマンスに大きな影響を与えてしまします。つまりは、社員がそれぞれベストなパフォーマンスができている会社は、人事がしっかりしているということです。そういう会社では自然と社員から人事へ感謝の言葉が送られているでしょう。このように、ヒトをサポートすることが好きで、そこにやりがいを感じる人が、人事に向いています。

新しい情報に敏感な人

人事の業務をする上で必要不可欠な知識が、法律などの知識です。必ずしも社会保険労務士並みの知識が必要というわけではないですが、知識が多ければ多いほど、人事としてやれる業務の幅が広がります。(今回のテーマとしては話がずれますが、社会保険労務士の資格を持っていれば人事として転職するのに有利であることは間違いありません。)そんな法律などは頻繁に改正され、それに合わせ業務の内容も変えていかなければなりません。厚生労働省の公式サイトなどに法改正などの情報が載っていますが、それら情報を自ら入手し、会社として違法とならないように、定められた義務を守るために、人事としてどのような対応が必要か、考えて実行しなければなりません。法律の知識は専門用語も多く、複雑な内容になっていることも多いため、それらに拒否反応が出てしまう人は人事には向いていません。常にアンテナを張り、新しい情報を入手し必要にな対応をとれる人が、人事に向いています。

作業が丁寧な人・完璧主義な人

人事の仕事は採用活動の説明会や面接など、人前で話したり、人と対話をするだけが仕事ではありません。むしろそれらの仕事はほんの一部に過ぎず、デスクワークが多いのが人事の仕事です。そして前述したように人事情報を扱う作業が多いため、慎重に作業を進められる人が人事に向いています。給与計算では誤った支給処理がされてしまうことがあってはいけません。また労働契約書などの様々な書類を作成することがありますが、一文一句記載内容に誤った情報が入っていては法的に無効な書類になってしまうこともあります。そのため、作業に妥協せず、細かいところまでしっかりと確認作業を行うことができる、完璧主義な人が人事に向いています。

まとめ

以上が、人事に向いている人の特徴です。人事といえば、コミュニケーション能力が高くて人脈があるというイメージが多かったかもしれません。確かにそれらの能力もあるに越したことはありませんが、今回紹介したものはそれ以上に持っておきたい特徴です。人事は想像以上に泥くさい仕事が多いです。そんな泥臭い仕事であることをしっかりと理解したうえで、自分に向いているかどうか、やっていけるかどうかを判断してみてください。

タイトルとURLをコピーしました