そもそも人事ってどんな仕事をしているのか?主な5つの業務内容と役割について

そもそも人事ってどんな仕事をしているのか?主な5つの業務内容と役割について 人事を知る

人事という職種は、どの企業にも必ずある職種であり、企業という組織の中でもエリートといわれる憧れの的であり、人気の職種です。しかし、人事になりたいという人の中で人事の業務内容や役割をしっかり把握し、理解ている人は少ないのではないでしょうか。人事といえば採用業務のイメージが強いですが、業務内容は多岐にわたり、それぞれ必要な能力、向き不向きが異なります。今回はそんな人事の業務内容とそれぞれの役割について解説します。

人事の役割とは

まず、企業組織の中で人事が担う役割から触れます。企業は営利を目的として、「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つの経営資源を活用し、経済活動を行っています。その中で「ヒト」に関わる運営権や一部決定権を持っているのが人事です。ヒトをどこから探し、育て、守り、動かすか、企業活動として必要不可欠な、4つの経営資源の中でも最も重要であるといっても過言ではないヒトを、どのようにうまくコントロールするかが人事には求められます。

採用

企業活動をするうえで必要なヒトを、外部から獲得するのが採用の役目です。「人事といえば採用」とイメージする人も多いでしょう。そんな採用の業務は、ただヒトを獲得すればいいだけではありません。企業活動をしていく中で、どのような人材が必要であるかを考えるロールモデルの作成から、設定した求める人材をどのように見極め獲得していくかを考える採用活動の内容やスケジュールの検討、実際の選考準備からの実施まで、企業の利益につながる採用活動全般を担います。また、複数の応募者を選考するだけではなく、数ある企業の中から「入社したい」と応募者から選ばれるべく、選考の中で企業PRもしていく必要があります。選ぶ役割がある一方で選ばれる役割もあるのです。”企業の顔”と言われる所以ですね。採用活動には、新卒採用、中途採用、アルバイト・パート採用、外国人採用、障がい者採用など様々あり、それぞれ目的に合った活動を行っていく必要があります。

人材育成

自分の企業で活躍できると判断した人材を、実際に活躍するように育てていくのが人材育成の役目です。いくら採用した人材のポテンシャルが高かったとしても、特に新卒の場合は会社から何も提供せずにいたら育つものも育ちません。自分の会社を発展させるために、社員をどのような人材にしていくか、経営と現場の両面のニーズや課題をヒアリングしながら、新入社員、中途社員、管理職社員など、それぞれのフェーズに応じた教育し、能力開発を行っていくことが大切です。会社によって人材育成の実施方法は様々で、ツールもテキスト、動画、体験、グループワークなどあり、それらを自社で企画から実施まで行う企業もあれば、外部の企業に委託する企業もあります。自分が育てた人材が社内外で活躍しているのを見れた時、やりがいを感じる業務です。

労務管理

社内全体の労働環境を整えていくのが、労務管理の役目です。労働時間の管理、給与・賞与計算、社会保険手続き、福利厚生の管理、安全衛生管理、社員の健康管理など、その領域は多岐にわたります。他の人事業務に比べると最も事務作業が多い業務になります。労働時間の管理をするにしても、給与・賞与計算をするにしても、すべて社員がアナログで管理するのではなく、外部の人事システムを利用したり、外部の企業に対応を委託したりもしますが、労務管理における様々な知識は、多かれ少なかれ必要不可欠です。また、労働における法律は頻繁に改正され、それに合わせて労務管理も変えていく必要があるので、情報に対し常にアンテナを張っておく必要がありますしっかりとした労務管理ができていれば、その企業で働いている社員も安心して自分の仕事に専念することができるので、そこにやりがいを持てるのが労務管理の仕事の魅力です。

制度企画

社員の能力や業績を評価し、成果に応じた適正な還元を受けられる仕組みを作るのが制度企画の役目です。労働における法律に基づいた就業規程や給与規程などの社内規程の整備、評価制度や昇格・給与体系の仕組みを作っていきます。評価や給与についてはモチベーションの一つにしている社員も多く、適正な仕組みが整っていなければ、不満を抱き、会社から離れていく要因になってしまいます。そうならないためにも、社員がモチベーションを高め、活躍できるように、公平性・透明性を持った人事制度の構築および運用をしていく必要があります

HRBP

経営者や事業責任者の戦略的パートナーとして、人と組織の面から企業の成長を促していくのがHRBPの役目です。前述した、企業を支えるサポーター的な役目を持つ採用・人材育成・労務管理・制度企画とは異なり、事業責任者である各事業部門の役員や部長クラスの者とパートナーシップを組み、人と組織の面から人事戦略を導き出し、戦略実行のための採用や育成、制度企画などを実行していきます。人事のプロとして採用・人材育成・労務管理・制度企画の横断的なスキルを持つことはもちろんのこと、経営者や事業責任者と対等に議論ができるビジネス・経営視点が必要不可欠です。多くの企業では、各部門に最低一人担当のHRBPが配置され、各部門で働く社員の連絡窓口になっていたり、部門と人事をつなぐ架け橋とする役目も担うことがあります。

まとめ

以上の通り、人事には様々な業務と役割があり、それぞれの特徴も大きく異なります。同じ人事の仕事でも人によって向いている業務、やってみたい業務、好きな業務が異なると思います。また、人事として仕事をすることになったとしても、必ずしも自分がやりたい業務ができるとは限りません。「思っていた仕事ではなかった」と後悔しないように、しっかりと人事の業務内容と役割を理解し、自分がやりたいことを実現できるように行動していくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました