人事の知識

雇用契約書って必要?労働条件通知書との違いは?社員を雇用するときにおさえておきたい手続きを解説!

「雇用契約書」と聞いて、それがどのような書面かを想像できる人は多いでしょう。企業が従業員を雇用する際に作成し、企業と従業員とで雇用契約を結ぶための書面です。多くの企業で雇用契約書を作成しているため、入社時にはそれが必要と考えている人は多いと思います。しかし、実は、法律上、雇用契約書を用意することは義務ではありません。一方で作成を義務付けている「労働条件通知書」というものもあります。そこで今回は、雇用契約書の必要性や取り扱いを、労働条件通知書との違いも含め解説していきます。
人事のキャリア

人事として一生働く?人事のキャリアパスの具体例をご紹介!

現在すでに人事として活躍されている方、またはこれから人事になることを目指している方、今後どのようなキャリアを歩んでいくのかイメージはできていますでしょうか?「人事として定年まで働くんだろうな」となんとなく考えていたり、「人事としてキャリアアップしていきたいけど実際にどのように成長していけるのか?」と漠然と考えている人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、人事としてどのような業務を経験して成長をしていけるのか、具体的なキャリアパスを交えながら解説します!
人事の知識

人事が知っておくべき介護休業の基礎知識!押さえておきたいポイントまで解説!

介護休業は「職業生活と家庭生活の両立」の観点から、社員が取得することのできる休業・休暇の制度等を規定した「育児・介護休業法」に基づき、社員が一定の親族を介護するために取得することができる休業です。高齢化が加速し、また共働きが多い現代においては社員の制度の利用は欠かせないものとなっており、それに合わせて企業側も、介護休業を取得しやすい環境を作らなければなりません。介護という理由で貴重な人材を失ってしまうことが無いよう、介護と仕事の両立支援制度について学びましょう。
人事の知識

人事が知っておくべき育児休業の基礎知識!押さえておきたいポイントまで解説!

育児休業とは「職業生活と家庭生活の両立」の観点から、社員が取得することのできる休業・休暇の制度等を規定した「育児・介護休業法」に基づき、社員が子を養育するために取得することができる休業のことを言います。子を養育することは義務であるため、共働きが多い現代においては社員の制度の利用は欠かせないものとなっており、それに合わせて企業側も、育児休業を取得しやすい環境を作らなければなりません。
人事のキャリア

未経験でも人事になれる?中途で人事になるための方法やポイントをご紹介!

企業は「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つの経営資源を活用し、経済活動を行っています。その中でも「ヒト」に関わる運営権や一部決定権を持つのが人事です。人事という職種は、「社内でエリートがなる華やかな職種」、数ある職種の中でも「なりたくてもなれる可能性が低い職種」とイメージしている人が多いでしょう。そのため、社会人になって人事という職種に興味や憧れを抱く人が多い中でも、実際に人事になっている人は多くありません。しかし、実は人事になることは決して不可能というわけではなく、努力や方法次第では誰でもなれる可能性があるのです。そこで今回は、社会人になって、人事という職種を経験したことがない人でも人事になるための方法やポイントをご紹介します。
人事のキャリア

新卒で初期配属から人事の仕事をしたい!でもどうすればなれるの?人事になるためのポイント4選!

人事は数ある職種の中でも人気な職種の一つです。新卒で就職活動をしている学生にとっては、各企業で一番に顔を合わせ会話をする職種になり、その人事の印象が好印象であれば「自分もこのような人事になりたい!」と憧れを抱くケースは多いです。また、入社後においても、営業やその他の職種として働いていても、採用活動や人材育成、また給与や人事評価など、人事でしか味わえない仕事を横で見ていて、「自分も人事の仕事を経験してみたい!」と思う人は少なくないでしょう。では、新卒で初期配属から人事の仕事に就きたいと思う人はどのような方法で、それを実現できるのでしょうか。新卒で初期配属から人事の職に就けるケースはかなり少ないです。しかし、可能性はゼロではないため、その可能性を確実に高める方法、ポイントを紹介していきます。
人事を知る

人事でキャリアアップを目指す人必見!大企業と中小企業の人事の違い

人事という職種はどの企業にも必ずあります。そのため、人事としてキャリアアップしていきたい人にとって、「どの企業で働くか」が非常に大事なポイントになります。そこで、「どの企業で働くか」という点で、まず一つ目の選択肢として押さえておきたいことが「大企業で働くか」「中小企業で働くか」ということです。大企業の人事と中小企業の人事とでは、同じ人事でも全く異なる性質を持っています。人事の仕事に就くことができたとしても、「イメージしていた人事と違う!」「自分がやりたいのはこの仕事ではない!」と後悔する人も少なくはありません。今回はそんなミスマッチを事前に防ぐために、大企業と中小企業の人事の違いについて解説していきます。
人事を知る

自分は人事に向いている?人事になる前に知っておきたい人事に向いている人の特徴5選

人事といえば、「(採用担当として)企業の顔」「社内のエリート」というイメージを持つ方が多いのではないかと思います。そのイメージにより、「今は違う部署でもいつかは人事の仕事をしてみたい!」と思う人も、どこの企業に一定数いると思います。しかし人事には多くの人がイメージしているよりもはるかに多くの業務を担っており、世の中に様々な職種がある中で”最もイメージと実態が異なる職種”といっても過言ではないかもしれません。そのため、人事になってから「イメージと違った」と後悔する人もいます。では人事の仕事はどんな人に向いているのでしょうか?今回は人事に向いている人の特徴をご紹介します。
人事を知る

そもそも人事ってどんな仕事をしているのか?主な5つの業務内容と役割について

人事という職種は、どの企業にも必ずある職種であり、企業という組織の中でもエリートといわれる憧れの的であり、人気の職種です。しかし、人事になりたいという人の中で人事の業務内容や役割をしっかり把握し、理解ている人は少ないのではないでしょうか。人事といえば採用業務のイメージが強いですが、業務内容は多岐にわたり、それぞれ必要な能力、向き不向きが異なります。今回はそんな人事の業務内容とそれぞれの役割について解説します。
タイトルとURLをコピーしました